脱毛だけが必要

人気記事ランキング

ホーム > 看護師 > 看護師の資格を得る

看護師の資格を得る

看護師の資格を得るためには、何通りかのコースが考えられます。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について勉強するという条件があります。


看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されるのです。看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と結構高い水準を推移しています。


看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わってきます。一般に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。



しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して迅速に行動することが大事です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。
未来の貴方の姿を明白に思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。


年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。看護師の国家試験に合格することよりも、む知ろ、看護学校を卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校は結構厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年が決まってしまうようです。厳しい学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、コドモがいたりする人は週末に休めたり、夜勤なしの職場を要望しているものです。

病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。産業看護師ははたらく人の健康のために保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行ないます。産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは不できると思います。興味のある方は看護師専用の転職HPを利用してください。転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。
高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更は困難です。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。

看護士の求人情報は豊富にありますが、要望にそう条件での求人があるとは限らないものです。

看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。
できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。

もとめる条件に合う転職先ではたらくためには、あまたの情報を蒐集することが大事です。

看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。国の指針では、月に8回までとされているのですが、現状ではそれを超える場合が多いようです。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が長つづきしない訳のひとつだと思われます。
世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが拡大してきているのです。

さらに、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)などのメンタルケアを実施しております。


こういったケースは、その企業の社員として入社するといったこともあるようです。

全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。

でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

看護士を志望する訳は実際、どんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合、その訳は今までに身につけたスキルをいかしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、前向きな印象を人にもたせられるようにすることが大事です。


これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないほうがいいです。産業看護師とは一般企業ではたらく看護師のことをさします。

看護師と聞くと病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を設置している会社もあって、そこで仕事をしている人もいます。



具体的な仕事内容やその役目ははたらく会社によって異なりますが、従業員の健康を守って、管理していくのはどの企業でも行なう仕事と思ってください。



看護師の職場といえば、病院という想像が一般的でしょう。ですが、看護師の資格をいかせる職場は、病院以外にも様々あります。


保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上のいろんなサポートをするのも看護師の仕事です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行なうことが多いです。

関連サイト→看護師 転職方法